修理しても治らない時は|価格が安い中古のコピー機

男女

依頼して直す

コピー機

書類の印刷などに必要なコピー機ですが、毎日使用していると、どうしても紙が詰まったりきちんと印刷が出来なかったりと不具合が生じてきます。勿論原因が分かりその場で直すことが出来ることもありますが、コピー機の状態によって自分では直せないこともあります。そういった不具合が起こったときにはコピー機の修理を専門的に行なっている業者に依頼して修理してもらいましょう。企業の場合、多くは業者と契約をして、何かあったらすぐに来てもらうという体制を取っているケースもありますが、修理が必要なときだけ依頼するということでも問題ありません。ただ業者によって修理出来る、あるいは対応しているコピー機が異なっているので、電話連絡やメールで問い合わせて確認しましょう。そのとき、出来ればコピー機に表示されている文字や故障状況、さらには型番も伝えるとスムーズに対応してもらえます。

コピー機の修理を依頼するときには、その業者がどのメーカーを取り扱っているかだけではなく、どこまでのエリアを対応しているのかも確認が必要です。どの場合でも、依頼したときは来てもらうときの訪問料と、修理してもらう技術料、あるいは施工料が必要になります。他にも部品の交換が必要な場合は、その部品代が別途必要となるので注意しましょう。ただ中には訪問料と呼ばれる出張料を無料にしていることもあるので、いくつかの業者を比較してからどこに依頼するのか判断するべきです。しかし修理しても治らないこともあります。会社で使うコピー機は高額なため、新品を購入するのは難しいのでリースするのが一般的ですが中古品を購入するという手もあります。中古品なら価格を抑えて購入することができます。

プリンターの高いトナー代

コピー機

互換トナーを使用すれば、トナー代を抑えることが出来る。意外と知られていないのですが互換トナーを使用してもプリンターの故障率は変わらないそうだ。お買い得な互換トナーを是非利用してみると良いだろう。

詳細へ

正規商品との違い

女の人

昔の互換トナーは今より画質も悪く、そのため印刷物は綺麗ではありませんでした。しかし今では互換トナーでも正規のトナーに負けないくらいの高画質を誇っています。まずは一度使ってみるといいでしょう。

詳細へ